ライフアドバイザー

ライフアドバイザー

ライフアドバイザーは、利用者とJA・JA共済をつなぐ重要なパイプ役として、またJA・JA共済の顔として全国約2万名が活動しております。年間を通じてライフアドバイスを行うことで、これまでJAになじみのなかった新しいJA共済のファンが増えればと願っています。

ライフアドバイザーの意義

ライフアドバイザー
  1. 専門的な知識を持った、コンサルタントとしての役割
  2. 協同組合や共済の思想を広め、「参加」意識を呼び戻す役割
  3. ネットワークを形成し、地域社会づくりに貢献する役割
トップへ